妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】

女性

ストレッチマークケア

出来やすい部位と原因

妊婦さん

妊娠線といえばお腹にできるイメージかもしれませんが、お腹以外にも出来やすい部位はたくさんあります。お腹は主に下腹部部分、それ以外は太もも、おしり、胸といろんなところに可能性があります。妊娠するとお腹が大きくなるのはもちろん、大きくなるお腹を支える場所も一気に太ります。胸もホルモンの影響で今までよりも2〜3cup上がることも珍しくありません。身体が付いていけないほど急に大きくなるので、皮膚や皮膚内部の伸びる機能や細胞を変化させる機能が追いつかず、赤茶色のような、すいかの線のような妊娠線ができてしまいます。妊娠線は自分で確認しにくいところにできることが多いので、いつできたかもわからないという人も多いです。

ケアの仕方

予防妊娠線妊娠線は一度できてしまうと、薄くなることはあっても消えません。なのでできる前に予防をすることが大切です。妊娠線予防にはとにかく保湿とマッサージです。お風呂上がりはもちろんできれば朝も保湿とマッサージをしましょう。お腹は全体的に、下腹部部分は重点的に、太ももも全体を、おしりも全体と足の付け根部分は重点的に保湿とマッサージをしましょう。マッサージはクルクルと円を書くように優しくマッサージします。保湿最初はミルクタイプでもオイルタイプでもどちらでも大丈夫ですが、ミルクとオイルのダブル使いが予防効果を高めます。タイミングとしてはお腹が大きくなる前です。ケア用品の匂いがつわりでダメという方は無香料タイプを選びましょう。

Copyright©2015 妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】 All Rights Reserved.