妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】

女性

妊娠中からケアしよう

目的に合ったものを選ぼう

女性

妊娠をすると、胎児の成長に合わせてお腹の皮膚が伸びることになります。急激に大きくなるそのスピードに細胞の生成が追いつかないと、肌が切れてしまいギザギザのラインが出来てしまうことがあります。このラインのことを妊娠線と言います。妊娠線が出来ることを予防することが出来るケア製品として、クリームがあります。妊娠線クリームはいくつかのタイプに分けることが出来ます。使用する目的により、選ぶべきクリームのタイプが異なりますので、注意が必要です。特に、妊娠線を予防することを目的としているのであれば、保湿成分の他に美肌成分や細胞を活性化させるような成分が含まれているクリームを選ぶようにすることが必要となります。

保湿力が大切

妊娠線を予防するために、クリームを使用し始める場合には、本格的にお腹が大きくなり始める頃から使用し始めるようにしましょう。お腹が大きくなる時期は、人により異なりますので、体調などを考慮して使用し始めると良いでしょう。なお、乾燥しやすい冬場は、妊娠線が出来やすくなる時期でもありますので、この時期は早めにクリームを使用し始めるようにしましょう。クリームを選ぶコツとしては、保湿性の高い製品を選ぶようにしましょう。一般的なスキンケア製品では、保湿力が不十分である可能性もあります。もし、妊娠線が出来てしまった場合でも、保湿ケアと新陳代謝を高めることにより、妊娠線を目立たなくさせることは可能ですので、諦めずにケアをするようにしましょう。

Copyright©2015 妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】 All Rights Reserved.