妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】

女性

出産後も予防も保湿を補う

出産後の大きな悩み

妊婦さん

出産後の女性の悩みのひとつに、妊娠線があります。妊娠線というのは急激にお腹が膨らむことで、皮膚の組織が無理に引っ張られてしまい出来るものです。出来る場所はお腹だけではなく、同じように急激に皮膚が引っ張られてしまった、胸や太もも、他の部分にも出来ます。なぜ皮膚が引っ張られただけで妊娠線が出来るのでしょうか。これは、肌の1番表面の表皮ではなくその下にある皮膚組織の真皮が破壊されてしまったことが原因です。真皮が破壊されてしまい、その部分が失われたため毛細血管が透けて見えるようになると、赤い筋として残ります。その後、赤味は消えて白い筋状の妊娠線が残ります。では、このように出産後に残ってしまった妊娠線はどうやって消すことが出来るのでしょうか。

クリームで保湿を心がける

実は、妊娠線は真皮が破壊されて出来るため、完全に消すことは出来ないのです。しかし、出来てしまった後にケアを行えば、目立たなくすることが出来ます。それは保湿です。妊娠線が出来た部分の肌に保湿を補うためにクリームを使います。また、妊娠線を予防するためにもクリームを塗ることで効果が期待出来ます。その場合、妊娠線予防クリームをこまめに塗りながら、出来ればマッサージも行います。時期としては、妊娠6ヶ月ぐらいから始めると良いと言われています。そして妊娠中で嗅覚も敏感になっているため、いくつか試してみて自分に合ったクリームを選ぶのがベストでしょう。妊娠線だけでなく、クリームを塗ることで肉離れにも効果があると言われています。

Copyright©2015 妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】 All Rights Reserved.