妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】

女性

お腹にできる赤い線

妊娠したら対策を

妊婦さん

温泉や海水浴など肌を露出する場所で、お腹の肌の部分に赤い線が縦に入っているのを見たことがある方もいるのでしょう。あの赤い線は一般的には妊娠線と呼ばれていています。妊娠したことによって急にお腹が大きくなりますので、その状態に耐えきれず肌に亀裂が入ってしまった状態です。肌に一度できてしまうと治すのが難しいと言われているのが妊娠線なので、予防はしっかりとおこなわないといけません。赤い線ができてしまってから後悔するのが嫌ならば、妊娠線予防のボディオイルやクリームなどが販売されていますので、それを利用して毎日のケアに励みましょう。きちんと予防のためのケアをおこなえば、妊娠線ができる確率が大幅に下がってくれます。

マッサージはしっかりと

妊娠線予防のボディオイルやクリームといった製品は、特別な使い方があるわけではなくマッサージをおこなえば良いだけなので妊婦でも難しくありません。マッサージの仕方は妊娠線予防の製品を販売しているウェブサイトなどに記載されていますので参考にすると良いです。また、妊娠線はお腹以外のところにもできますので、できやすいところを調べてそちらもしっかりとマッサージすると良いでしょう。なお、できてしまった後にも妊娠線予防のボディオイルやクリームが効果があるといわれています。ただし、妊娠線を消してしまう効果なのではなく、薄くして少しでも目立たなくするといった利用方法なので、それを理解した上で妊娠線予防の製品を使うようにしましょう。

妊娠中からケアしよう

女性

妊娠線を予防するために、専用のクリームを使用するのであれば、お腹の大きさが目立つ前から使用し始めるようにしましょう。長期にわたって使用するものですので、保湿力や配合されている成分、価格などを考慮して選ぶようにしましょう。

» 読んでみよう

出産後も予防も保湿を補う

妊婦さん

出来てしまった妊娠線は完全に消すことが出来ません。しかし、出産後からのケアをすることで目立なくすることが出来ます。それはクリームで保湿を補うことです。また、クリームを塗ることで妊娠線予防にも効果があります。

» 読んでみよう

ストレッチマークケア

妊婦さん

妊娠線は一度できてしまうと薄くなることはあっても二度と消えません。妊娠線の予防にはとにかく保湿とマッサージをお腹が大きくなったりする身体が変化する前に始めることです。夜のお風呂後はもちろん朝もケアすることで効果は高まります。

» 読んでみよう

Copyright©2015 妊娠線を予防する【ヒビ割れ防止で後悔予防】 All Rights Reserved.